スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・ユキワリコザクラ

プーン・・「イイ香り」

その香りをアイヌが魔除けにした白い雪のような桜「キキンニ
春採湖畔に、和名・エゾノウワミズザクラの花がやって来ると・・
桂恋の浜ではユキワリコザクラが盛りを終え、艶やかな紅は色褪せる。
最盛期は1週間前の先月末、盛りが終わったがまだまだ艶やか、
6月6日、桂恋前浜の拙いショットをごらんいただき・・
浜風が持ち込む潮の匂いといつものを感じて下されば幸いだ。

040_20130606204657.jpg

神奈川からこの地に移り住まわせていただいて約9年、
どの崖にもあったコザクラなのに、何故なのか? ほとんど消え、
いまではごく一部に小さな群落があるだけ、将来は判らない・・
消えつつあるハクサンチドリと同様、温暖化が原因なのだろうか??
以下、簡単なおさらいをさせていただく。

017_20130606204700.jpg

ユキワリコザクラ】 
サクラソウ科 開花期:5月末 
海岸など風の強い崖の斜面に群生する丈の低い小さな多年草。
カンカン照りを好まず、霧が降るやや湿った土地を好む。
植生場所によって葉などに違いがあり、名前もその地に準ずる。
(例) レブンコザクラ、ユウバリコザクラ、ソラチコザクラ、ネムロコザクラ、
桂恋から厚岸、霧多布そして根室まではほとんど同じ植生だという。

025_20130606204705.jpg

ユキワリコザクラはちっこい

海に面した崖の斜面に強い浜風は容赦なく吹きつける。
だから飛ばされないように丈は短く、ほとんどは5cm以下と小柄だ。
そんな小さな花と半時間も遊んでいたら、何となく・・
ふるさと白川村の子供時代を思い起こしてしまった。
スミレカタクリ」と遊んだ記憶がどこかにあったのかもしれない??
そのうちに、右手の小指を痛めた想い出が鮮明に蘇ってきた。
古き話なれど、しばしのお付き合いをお願いする

018_20130606204708.jpg

夕んべの力道山、空手チョップええな~・・バシーン!!」

美智子様ご成婚、日本人のほとんどがTVに釘付けになった1959年、
その前年・1958年午後8時から【三菱ダイヤモンドアワー】が始まった。
キングコング・オルテガ・カールゴッチ・ルーテーズなどの外人勢、
そして・・「銀髪の吸血鬼」ことブラッシー VS 力道山 ・・・
プロレス中継でお茶の間は興奮のルツボと化した。

55年前の白川村は「日本のチベット」と称された僻地。
そんな貧しい山村農家に高価なテレビが買える分けが無い。
座布団持参でご本家までテレビ観賞に出張した

          力道山

電波受信状況が悪い時代だったのだろう? がチラつく画面、
帯のようなスジが出たり消えたり、ザーザー・・
それでも力道山の雄姿を見逃すまいと必死で喰いつくように眺めた。
白黒画面なのに、ブラッシーに噛みつかれた力道山の額はに染まった。
中継が終わるころには眼は疲れ果て、自宅に戻る道も霞んでいた。

今の年齢になって判ったことだが
テレビを買えた家庭の子供は眼が悪くなり眼鏡使用となり、
テレビの無い家庭の子は2,0以上の優良な視力を保っていた。

010_20130606204908.jpg

ブラッシー! これが年貢の納め時!!」  バシーン

翌日の下校時、同級生とプロレス談義で興奮!!
私は力道山になったつもり、校舎の壁に空手チョップを浴びせた。
5m厚の壁板が割れる筈もなく、右手小指の付け根に激痛が走った。
幼馴染に格好悪いので顔はニコニコ ココロで痛みに泣いた。
ポッポッ・・と熱を持ち、ズキンズキン・・と痛んでくる。
家人に内緒でそっと、仏壇の脇から富山の薬箱を取り出した。
黒い膏薬を3枚失敬、1枚を患部に貼り、残りは予備にして床に就いた。

翌朝のこと、右手小指が親指よりも太くなるほど腫れていた
それでも家人に内緒、痛みを堪えていたが約1カ月後、腫れは退いた。
今になって考えると小指は骨折していたのだろう??
ありがたいことに、ご先祖・白蛇さまのお助けがあったに違いない

あの時代のテレビ観賞・・
面白くて ・・眼が悪くなって ・・痛くてツラ~イ ・・


022_20130606204912.jpg

ワヒチのター、サワのシノブ、ゼンスケのヒサ、トーサクのシンゾー
チョウベェのワタ、シンスケのミキ、ロクベェのカズ
タミスケのシゲ、そして【カフェ・】のオーナーのウダのショウジ

みんな、マメにやっとるが??
に集まって、ろくでもない話でもしとるがでないが??
記事を書いとったらたら、えらく懐かしくなってきたがや・・
そやで、懐かしいみんなの名前を呼んでみたが。
いつかみんなで、桂恋村まで遊びにきてくれんか??


昔むかし、一緒に遊んでもらった幼馴染の笑顔がここにある。
     うたてぇ・・よしたよ


021_20130606204915.jpg

* 蛇足だが・・
皆さんのどなたが・・白川村をお訪ねいただくことがあれば?
合掌集落・手前のカフェ・にお立ち寄りいただきたい。
旨いコーヒーにありつけることは勿論だが、店主は村の物知り博士、
お役に立てる情報がゲットできるはず・・
よきちのひろからの紹介」・・と一言つけ加えていただく。
お若い女性だったら・・コーヒー代金は無料になるかも


桂恋かもめ・吸血まだにん

ベルトを緩めて、パンツを下げます
ハイ・・・・

私はシングルベッドに横たわっている。
看護婦さんの白魚のような指がズボンを緩め、パンツを下げた。
麻酔注射しますから、チクッと痛いですよ
看護婦さんだったら、注射でも浣腸でも何でもしてください

026_20130527055347.jpg

チクリ  何やらゴソゴソ・シュッシュッ
切開して取り出しました・・動いてますよ
医師は私の鼠径部を切り裂き、ピンセットの先には小豆程度の丸いもの、
その正体は、私に惚れて同棲してくれた【吸血まだにん】なのだ。
老眼を凝らしてじっと眺めると、お尻がふっくら・ポッチャリ系だった。

015_20130527055351.jpg
(5月24日朝: ユキワリコザクラ)


愛しのまだにんは深情け
ここ何日か続いた陽気、毎日のように徘徊した私とどこかで出逢った。
その瞬間、私に何の告白もなく跳び移り、私の鼠径部に噛みついたのだ。
吸血まだにん】の正式名称は「マダニ
春先に活動する彼女について軽くおさらいをしてみよう。

節足動物門・マダニ科に属するダニの総称。
寄生先の動物が発する二酸化炭素や体温を瞬間的に察知して、
ハサミのような形状の口先で皮膚を破り噛みつく
セメント状の体液を吐き出して周りを固め、自身を固定してしまう。
約10日ほど寄生し、吸血を続けると最大で大豆程度まで肥大する。

005_20130527055355.jpg
(5月25日: ミドリニリンソウ)


ダニに噛まれた」・・と慌てふためいて無理に引き抜くと、
体液が逆流して寄生病原体が血管に侵入する怖れあり、
また頭部だけが皮膚に残ってしまい、アレルギー反応を引き起こす。
気が付いたらただちに通院、切開摘出と適切な後処置が望ましい。
私の場合は、抗生剤・ロキシマインを7日間服用の処方となった。

* マダニに寄生する病原体による誘因疾病は次のものがある。
日本紅班熱、Q熱、ライム病、脳炎、SFTS・・etc

009_20130527055358.jpg
(5月25日: ヤマブドウの葉芽とバイケイソウ)


5月に入りフキノトウが出て、月末になればアキタブキの葉も大きく育つ。
その葉の裏や茎にまだにんが潜んでいて、私に跳びついたのだ。
私は毎日のように風呂を浴びるが、
午前中に徘徊すれば、夕の湯あみまで6時間も間がある。
その間にハサミ状の口先で噛みつき固定してしまうと、熱湯でも落ちない。

冨士山が噴火しょうが!!  株価が乱高下しようが!!
「決して離れまい」とする健気さ、愛しさ 
まだにんの深情けは本物、私はタジタジ逃げ腰になるほどだ

011_20130527055401.jpg
(5月25日: オドリコソウ)


蚊、アブ、蜂、ヒル、マムシ・・・まだにん
この年まで生きていると、刺されたり噛まれることは数知れず。
が・・・痛みや痒みはそれぞれに特徴がある
そんな拙い経験を想い出し、各々の違いを述べてみたい。

蚊、アブ
「痛痒い」・・そんな表現がピッタリ、掻けば掻くほどポッポと痒くなる。
ヒル
吸いつかれたことに気が付かないほど痛みを感じない。
満杯にを吸いポトリと落ちてから、吸い口からの出にいつも驚くだけ
放っておいても、ほとんど痒みも痛みも無い。

004_20130527055620.jpg
(5月25日: エゾノウワズミザクラ)



「チクリ」・・刺された瞬間から鋭い痛みが走る。
患部が腫れてきて、ポッポッと火傷をしているような痛みが続く。
蜂の種類にもよるが、悪寒・蕁麻疹・呼吸困難のような症状もある。
まむし
チクッ・・「マズイ、何とかしないと死んでしまう」・・そんな衝撃が走る。
夢中で家まで跳んで帰ったので、何も憶えていない。
祖父が傷口を広げ、絞り毒出し、ご先祖・白蛇さまが助けて下さった。
噛まれた付近が炎症、皮膚が爛れたが、60年後の今は跡形もない。

まだにん
噛まれた周りがほんのり赤みを帯びるが、痛みはほとんど無い。
痒い!!」・・と思う一歩手前の何でもないような?痒いような??
ボワ~ッとしたようなモヤモヤした不思議な感覚・・
何だかハマッテしまいそうな心地よさを感じてしまうのだ。

007_20130527055625.jpg
(5月26日: クロユリ)


深情け? バカバカシイ、ヒロちゃんは調子がイイからな~

この記事をお読みいただき疑心暗鬼の方もいらっしゃるだろう。
そんな方は、桂恋村までご連絡いただきたい。
カモメールでまだにんさんを派遣させていただく。
が・・・乾燥に弱いが、適度な湿度と美味しい血液があれば、
まだにんさんはどんどん増えて、誰かれかまわず惚れてしまう

派遣先の保健所から警察署まで騒ぎが大ごとになる可能性あり。
したがって・・・「桂恋村には一切の責任はありません」・・と、
派遣申込のさい誓約書を添えていただくことをご了承いただきたい。

005_20130527055629.jpg

まだにんさん、過激な風俗活動、期待してるよ」 ボリボリ



















桂恋かもめ・献血させてください

桂恋かもめ・立派なお言葉 021 不労減量

ブブ~ブ~ブ ピロン
・・・上が170・・高いな」 と医師。
・・・??・・・
今日は止めときましょう」 と医師。

放射冷却で明け方は-20度近くまでシバレタ18日のこと、
ここは市役所前、日赤献血移動バスの中での医師のお見立て。
・・・去年の夏ごろに測ったら80から120だったのに・・
   暴飲暴食と不摂生のせいで、高血圧体質になったのか??
   俺は心筋梗塞や脳梗塞の予備軍なのか?? ・・・
献血不可の宣言にガックリすると同時に不安がよぎった。

106_20130122055901.jpg

「駅前からここまで30分ほど歩いてきたんですね・・
 今日はシバレテいるので、暖かいこのバスと温度差がね~
 だから、どうしても血圧は高い値になるんでしょうね??」
と・・ニッコリと慰めの言葉をくださる看護婦さんなのだが・・・
失意のままトボトボ、涙して、駐車場に急いだ。

004_20130122055858.jpg

オオッ」  スッテン ドン 「イダダ」 

断られたのがショックでボ~ツと歩いていたせいなのか??
凍ってツルツル道路の歩き方がおろそかになって、派手に転倒。
両足が空中に浮いて、尻から地面に叩きつけられた。
眼の前に火花が走り 息が止まったような感じがした。
どうにか立ち上がって、建物の壁にもたれかけ、呼吸を整えた。
身体の全部が動くので骨折は免れたようで安堵して「ホッ」と・・・
が・・尻から尾てい骨辺りに違和感・・
ジーンとする痛みを感じながら帰宅、腹這いになって痛みをこらえた。

003_20130122055904.jpg

失意から2日後、こんどは日赤血液センターを訪ねた。
「やはり高め、100から170は高血圧です。
 この寒い時期、加齢のせいで温度変化の順応ができないのでは??
 病院での診察と治療をお勧めします」
と・・担当の医師、2日前の移動バスと同じ見解だった。

「・・・・  ・・ワカリマシタ・・が・・それでも・・
 1リットルでも1升でも採っていただきたいんですが??
 高血圧の悪い血ですから、そこの下水に棄てられても文句はいいません」
私は必死に食い下がった。
はい・・では400㍉採血でお願いしますか
その気迫に押されたのか医師の許可OK、めでたく献血の運びとなった。

004_20130122055908.jpg

手がしびれたり、腕に強い痛みはありませんね??」

横たわった採血ベッド、傍らの可愛い看護婦さんが声をかけてくれた。
あの~ 手や腕は問題ないんですが尻が痛くて、尾てい骨が・・
エエッ・・?・・
ケツが痛いので、ケツアツが上がったのでしょうか??」
・・??・・・・
可愛い看護婦さんはジロリ私を睨みつけ、さっさと行ってしまった。

005_20130122060130.jpg

正月だから、飲んで食べて、楽しんだ皆さん!!
 何もしないでダイエットしませんか?? 不労減量を


by the way・・・
発電しないで休んでいても、今年度上半期は209億円もの最高益
何もしない日本原電さんは上半期は762億円もの売り上げがあった。
全て国民から徴収した電気料金・・電力会社経由で支払われているのだ。
国民は舐められているのだが、原発を稼働しないのだから100%安全・・
スバラシイ・・
日本が世界に誇る安全神話と高利益モデル企業だった。

献血だってスバラシイ・・
何もしないで確実に400グラムの減量が出来る。
僅か400グラムなの??」 と・・云われる向きもあろう。
ならば、豚肉でも牛肉でも400グラムを召しあがっていただきたい。
フツ~人だったら満腹、食が細い人は持て余す量なのだ。

サア~ 献血に行こう!!
国策の原発関連会社は【不労所得】 あなたも【不労減量】 
新陳代謝が良くなって、あなたは益々 キレイでカッコよくなるのだ
 

100_20130122060137.jpg

***
過去の医療関係記事をまとめてみた。
お時間の許す限りご覧いただき、お笑い下されば幸いだ。
どれも拙い記事ながら、医療と向き合う真摯なココロ
特に医療関係者にお読みいただければ身に余る光栄なのだが・・

* 2011・05・18 【桂恋かもめ・外来診療
先生!! 看護婦さん!! 治して下さい
ひたすらお願いする患者のココロに明るい未来が


* 2011・06・22 【桂恋かもめ・お見舞い
無事に退院して欲しい!!
そんな、見舞客のココロに応えてくれるだろうか??
看護婦さんのお情けにすがるだけ・・



* 2011・09・13 【桂恋かもめ・胃カメラごっくん
内視鏡を前にして不安なココロ!
オエッ ゲェ~ 鼻水 ヨダレ
苦しむ患者 と ニッコリ医師

001_20130122060133.jpg

* 2012・01・20 【桂恋かもめ・耳あて
加齢?? 寒冷?? カレイのココロ???
厳寒の1月
防寒対策として【耳あて】の効果はいかに??



* 2012・08・23 【桂恋かもめ・楽しい胃カメラ
我がご先祖さま・白蛇の遺伝子を解析
蛇族・簡易鑑定をご紹介のココロ!!



* 2012・09・02 【桂恋かもめ・楽しい献血
余分な血を2ℓ ダブダブ腹肉を8キロ
計10Kの切り取りお願い!!
さて、看護婦さんのココロ対応は??









 


 


   


きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。