スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ酒

桂恋 かもめ歌 002 020_20110314194018.jpg このみち 北原はくしょん

MOー MOー
 いくら昔のことでも、惚れた女の名前も顔も忘れるなんて


【男っぷり】【食いっぷり】など語尾にぷりが付くと誉め言葉になる。
スカッ サッパリ
私の【忘れっぷり】に、悪友はあきれて、誉めてくれた。
加齢のせいなのか? 元々から記憶力細胞の欠如なのか?
ボーッとした記憶を悪友の助言からたどってみた。

019_20110320094743.jpg

帯広は南北に1直線に走る大通りで東西を分けている。
市街地の東に金春街なる酒場の路地があった。
その中の1軒の酒場、ママさんの一人娘に惚れてしまった
40年も前のことだ。

ウーン・・?・・
眼を閉じて集中しても、押し入れから取り出したアルバムをめくっても・・
どんな顔だったか? 思い出せない。
ほっぺポチャポチャの色白タイプにまちがいはない・が・・
「思い出せないくらいだから、中途半端な気まぐれだな」
そう云われても返す言葉はないが、あの時は真剣だった。
俺はこの娘と所帯をもつのかな??
そんな予感さえしたものだ。

「どこが良くて惚れたんだ?」 友にそう問われる。
男が女に惚れるのに理屈はいらない
何となく馬が合って、何となくくっついていた。
マーケットは1階が店舗、2階が居住区になっていた。
店が閉まってから、2階に上がりこみゴロ寝をしたものだ。
彼女が体調を崩し、長期療養となった。
見舞いに病棟を訪ねたところまで・・ここから記憶は途絶えた。
それ以来、なんとなく店も彼女とも疎遠になっていた。

あぁー そうだったのか
友が土産に持参した十勝豆大福を食して、鮮明な記憶が甦った。
フックラ・ツルツルしたもち肌、
手のひらに感じる、見かけよりもズッシリした重み

彼女はそんな大福タイプだったんだ。・・と

005_20110320094141.jpg


♪♪ この水はいつも飲む酒
   あぁ そうだよ
   多く飲むと 2日酔いだよ

   この水はいつか飲む水
   あぁ そうだよ
   さようならの 末期の水だよ
 ♪♪


009_20110320094214.jpg

両親は下戸だった。
当然、血を継ぐ私もアルコールに強くない。
ウイスキーならシングル1杯でもうご機嫌になる。
けれど、酒飲みを見ていることは好きだ。
【吉田類の酒場放浪記】などはお気に入りの番組だ。

咽をコクコクと鳴らし、目尻を下げて・・
グラスの中に沈んでいる(その人の人生)を飲み干している。
その人がぷっくら大福タイプの女性だったら??
もう2日酔いでも3日酔いでも何でもかまわない・・
ルン ルン ルン
隣の席空いてますか? お相手になってもらえませんか?
 



 
















スポンサーサイト

コメント

酒をチビチビ のすたるじーに浸るのも
いいものです。
今晩あたりモシリヤ歓楽街で大福ねえさんに
逢えるかも。
♪夜霧が俺を呼んでいる~♪
  • 2011-03-21 17:49
  • URL
  • moyan #-
  • Edit

Re:moyanさん・おばんでした。

太字の文この年になると、のすたるじーばかりで前進がありません。

記事は格好つけていますが、真相は振られてお終いになったんです。
なぜ私は大福タイプが好きなのか?
考えても、考えても判りません。
ポチャ ポチャっとくると、もうメロメロですよ・・

実は私も豆大福は好きなんです。

ポチャ ポチャ よく判ります。
私も もち肌 ポチャポチャ 大好きですから。

豆大福の写真 よく撮れてますね!
  • 2011-03-21 23:10
  • URL
  • moyan #-
  • Edit

Re: moyanさん・おはようございます。

同志ですね・・ありがとうございます。
指で押すと、すぐに跳ね返ってくるような弾力感・・
ああー これから六花亭に急いで、買ってたべます・・フッ フッ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。