スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・愛読のススメ

書を捨てよ 町へ出よう
 今から48年前、寺山修司は若者に叫んだ。
PCを捨てよ ZOOへ行こう
 今から3年前、桂恋かもめはWEBで啼いた。
そして・・・

スマホを閉じよ 書店へ行こう
 桂恋かもめは、今日も啼いた。

003_2015021111410003d.jpg

     げんしばくだん
           小学三年 坂本はつみ

     げんしばくだんがおちると
     ひるがよるになって
     人はおばけになる


by the way・・・
今年の夏が来れば、8月6日広島、9日長崎はあれから70年を迎える。
当時、広島の小学校3年生坂本さんの詩を引用させていただいた。
 * 汐文社【小さな祈り】より
フツ~の小学生がフツ~の言葉で書いた、フツ~でない出来ごと、
僅か3行の詩なのに・・溢れんばかりの不条理が詰まっている

020_20150211114104f55.jpg

両親・・・労働者・経営者・政治家

あの戦争と原爆投下は何だったんだろうか??
戦争遂行は一握りの軍人・政治家だけではなく、国民も協力した!!
当たり前のことだが、軍人や国民も全て大人たち、
幼子や学童児には単なる傍迷惑な災難に過ぎない。
よい子は大人たちのせいで涙を流した

021_20150211114108759.jpg

終戦の年に生まれた者は只今70才、
その時に子供だった者、その子と孫・・今は大人になっている。
そんな大人たちに、70年前と同じよい子の涙を繰り返してはいけない。
だから皆さんに・・とくに若い人に・・
書店に行き本を求め、坂本さんの言葉をいつも手元におこう

そして・・いつもは本棚や机の片隅でも・・
暑い8月がやってくれば本をめくり、坂本さんの言葉に会おうよ

019_201502111141109aa.jpg

*桂恋村おススメ図書   詩画集小さな祈り】   
男鹿和雄・画  吉永小百合・編  汐文社・発行 1600円








スポンサーサイト

コメント

可愛いちびっ子たち!

こんにちは。
よきちのひろさんの大切な仲間たち、可愛いですね。
モコモコのつなぎがあったかそうで、ちびっ子たちの表情も穏やか。
北海道でも過疎化が進行中。。。困りましたね。
引っ越そうかな?!
  • 2015-02-11 12:44
  • URL
  • yokoblueplanet #-
  • Edit

Re: yokoさん・こんにちは

よい子たちにうれしいコメント、ありがとうございます・・
寒くてもママが選んだ防寒服でヌクヌク、元気いっぱいです。

> 引っ越そうかな?!
<うれしきお言葉、是非とも御検討ください。
新参者の私などよりもカヌーのhigeさんはこの地を熟知、
ご相談いただいて、実現となればうれしいことです。
釧路の夏・・20度前後の気温に魅かれて長期滞在者が増加、
行政もホテルや下宿もそれなりに対応してきたようです。
先ずは・・7~9月の盛夏、釧路長期滞在からでは??

  • 2015-02-12 11:32
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。