スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・よい子はオトモダチ

そこの芝生でお昼ごはんだよ

ここはzoo中央広場・・まもなく正午、
ママの指図で、笑顔のよい子は芝生まで駆けっこ

035_20141104161834631.jpg

いいな~・・おじさんにもごちそうしてくれないの??」
・・と私がよい子に声をかけると・・
うん、いいよ、オジサンのお仕事が終わったらね

よい子はママに相談もしないで、軽くOKサイン、
ママは黙って私にニコニコ会釈眼を細めて我が子を眺めている。

010_20141104161823449.jpg

それから小一時間ほどして、中央広場に戻った私が、
オジサンのお仕事は終わり・・オジサンのゴチソウは??」
・・とよい子に声をかけると、屈託のない顔で、
「・・オジサンのこと、忘れてしまったの・・おにぎりもうないよ
もうないの?? ガッカリ

034_20141104161830aea.jpg

でもね~ ココアちゃんとオトモダチになったんだからね

大袈裟な落胆ぶりの私を慰めようと、よい子は私にニコニコ・サイン
よい子ココアに紹介したさいの、「オトモダチになって」との私の願い・・
よい子はちゃんと憶えていて、オトモダチ宣言をしてくれたのだ。

043_20141104161832704.jpg

わたち・・オジサンになる~?!」

別の日のこと・・
ガラス窓を隔てて、よい子ココアちゃんを紹介していると、突然の宣言、
戸惑う私とママ?? 「何で??」と尋ねると、
zooのボランティア・ガイドになって、毎日ココアちゃんと遊ぶのだと云う。
えっ、幼稚園を止めて?? 毎日ここに通うの??」
私の問いに、よい子は我が意を得たりと大きく肯く。
そして・・チョコで汚れた口元からヨダレ・タラタラ、満足そうなお顔

ココアちゃんにお歌を唄って、オユウギを教えてあげるの
曇りのない瞳は輝き、ガラス窓のココアちゃんとアイコンタクト

044_201411041621338b6.jpg

ココアちゃんは6才のヤング、私は古希を迎えた老人ボランチ

何事も無ければ、あと30年も生きられるココアちゃんに比べ、
黄泉バス乗車は明日かも知れない齢70の私・・よきちのひろ

毎日のようにパクパクしているケーキやアイスの美味さは知っていても、
よい子たちは、浮世には【今生の別れ】があることを知ってる筈がない。
なのに、私に替って、ココアちゃんのナカヨシ・フレンド候補が続々
ここアイヌモシリの全てははカムイの思し召し・・やさしいよい子がいっぱい

041_20141104161947ee0.jpg

 「たくさんのよい子たち、アリガトウ」   私もココアも幸せいっぱい

この日本の南から北まで、たくさんの動物園があり、
この国の未来を背負うよい子があちこちにたくさんいらっしゃる。
けれども・・薄いガラス越しに猛獣とペロペロキッスが可能になったり、
zooボランティアを志望する幼稚園児が現れるのはこの釧路zooだけ?

046_20141104161947967.jpg

だから、ほかのよい子もお出でよ
オトモダチになろうよ!!
ココアちゃんとオジサンが待ってるよ








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。