スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・イランカラプテ

あなたのココロにそっとふれさせていただきます

イランカラプテ」・・故萱野茂さんはそうおっしゃったと云う。
我々が日常的に使っている「こんにちは」に相当すると今まで思っていた。
が・・・阿寒湖温泉・イコロを訪れ、アイヌ舞踊を鑑賞したときのこと、
尾田理事長の解説によれば、「こんにちは」のような単なる挨拶とは別、
遠来の客人、来賓客、年上そして愛する人・・つまり敬愛の対象に、
ココロをこめて 「イランカラプテ」・・と優しく発声するのだ

この解説を聞いた私は、豊かなココロのアイヌを益々好きになってしまい
阿寒の峰々に向かって、私なりに「イランカラプテ」とつぶやいてみた。

015_2014103021265906d.jpg

* 【イランカラプテ・いらんからぷて~】  やさしく「」を小さく発声
 i - ram - karap - te     あなた-心-触れる-~させて

019_20141030212656cdf.jpg

アイヌ民族なんて、いまはもういないんですね。
 せいぜいアイヌ系日本人が良いところですが、利権を・・略・・


by the way・・過ぎ去った夏に遡った8月11日のこと、
金子快之・札幌市議(43)はツイッターにこう書き込み、論議を呼んだ。
所属会派から脱退、札幌市議会にて議員辞職勧告決議も可決されたが・・
ご本人は撤回も謝罪も拒み通して、意気軒昂ヘノカッパなのだ。
そこで、金子市議およびその主張に賛同される皆さんに一言申し上げる。
夭逝の少女・知里幸恵さんの言葉に少しだけ耳を傾けていただきたい。
アイヌの少女のココロの叫び・・北海道民だったら心に沁みるはず??

010_20141030212705896.jpg

その昔この広い北海道は、私たちの先祖の自由の天地でありました。天真爛漫な稚児の様に、美しい大自然に抱擁されてのんびりと楽しく生活していた彼らは、真に自然の寵児、なんという幸福な人だちであったでしょう。

冬の陸には林野をおおう深雪を蹴って、天地を凍らす寒気を物ともせず山又山をふみ越えて熊を狩り、 夏の海には涼風泳ぐみどりの波、白い鴎の歌を友に木の葉の様な小舟を浮かべてひねもす魚を漁り、 花咲く春は軟らかな陽の光を浴びて、永久に囀る小鳥と共に歌い暮らして蕗とり蓬摘み、 紅葉の秋は野分に穂揃うすすきをわけて、宵まで鮭とる篝も消え、谷間に友呼ぶ鹿の音を外に、円かな月に夢を結ぶ、嗚呼なんという楽しい生活でしょう。

平和の境、それも今は昔、夢は破れて幾十年、この地は急速な変転をなし、山野は村に、村は町にと次第々々に開けてゆく。
太古ながらの自然の姿も何時の間にか影薄れて、野辺に山辺に嬉々として暮らしていた多くの民の行方も亦いずこ。僅かに残る私たち同族は、進みゆく世のさまにただ驚きの眼をみはるばかり。しかしその眼からは一挙一動宗教的観念に支配されていた昔の人の美しい魂の輝きは失われて、不安に充ち不平に燃え、鈍りくらんで行手も見わかず、よそのお慈悲にすがねばならぬ、あさましい姿、おお亡びゆくもの・・・・それは今の私たちの名、なんという悲しい名前を私たちは持っているのでしょう。 ・・略・・
  知里幸恵 【アイヌ神謡集・序】 岩波文庫・大正11年3月1日

009_20141030212703dff.jpg

あなたを大好きです・・どうぞ

アイヌの娘は年頃になってピリカとなり、好きな男ができると・・
求愛の印として、手甲(テクンペ)を贈ることが習わしだった。
その手甲を着けた幸せな若者は、お返しに手作りの小型ナイフを贈った。
娘が腰に付けたそのナイフ(メノコ・マキリ)こそが貞操の象徴、
ピリカは身もココロも全てを若者に捧げた

          マキリ

* 阿寒・マリモの誕生はピリカの悲恋物語・・過去の記事から・・
 クリック → 【桂恋カモメ・あなたはピリカ

004_20141030212752880.jpg

わが桂恋村にお出でいただいた皆さん・・netの向こう側には??
顔見知りの方もいらっしゃれば、存じ上げない方もいらっしゃる。
どの皆さんとも、桂恋村民はココロで固く結びついていると信じている。
だから、皆さんにココロをこめてご挨拶させていただく

      「いらんからぷて~








スポンサーサイト

コメント

ある意味、暴力そのものです・・・。

阿寒は、いいですよぉ・・・!!。

八日の日に行きます・・・。

  • 2014-10-31 16:54
  • URL
  • ひげ #-
  • Edit

Re: ニシパhigeさん・おばんでした

日中は晴天、朝晩は冷え込む・・道東の秋も深くなりました。
温泉に浸かると気持ちがよい季節、阿寒の湯は温まります。
私もシ~ンとした森の遊歩道を落ち葉ゴソゴソ・・
近いうちに阿寒のボッケを散策しようと考えております。
  • 2014-10-31 19:19
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。