スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・昔ばなし

お客さんから、いくらもらえばいいが??」・・・と母が父に尋ねる。
タダと云うのもお客さんに気を遣わせるから・・ううん・・??」
父は考え、考え??・・母に答えた。
何ももてなし出来んかったで、300円ももらっとくか

今から40年も前のこと、我が生家よきちは民宿を始めた。
カツ丼250円の時代、よきちの民宿営業はここからスタートした。

091_20140903001258f0b.jpg
(* よきちのお隣・源作さん)

国鉄の【デスカバージャパン】で全国区にデビューした飛騨白川村
茅葺屋根の合掌家屋集落、小さな駐車場は自家用車やバスで賑わった。
が・・世界遺産の認定はずっと後の出来ごと、まだまだローカル観光地、
そこには、観光を手探りしている素朴な村人ばかりだった。

009_2014090223553028a.jpg
(* ナガボノシロワレモコウ・長穂白吾木香 バラ科)

山菜と焼いた岩魚だけの粗末な食事と地酒・・
普段は使っていない仏間で眠っていただく・・
珍しいのは合掌屋根だけ、ど~ってことのない民宿だった。
が・・・夕食を終え囲炉裏を囲んだよもやま談義
来客の質問に、ボソボソ答える父親を好ましいと感じた方々もいたようだ。

夏季休暇、年始年末休暇はもちろんのこと、
春の田植え、秋の稲刈りには有給休暇をとって駆けつけ手伝い、
茅屋根葺きには村人に混じって汗を流す。
そんな、よきち家族の一員のような東京の会社員もいらっしゃった。

010_201409022355297b9.jpg
(* オオアワダチソウ・大粟立草 キク科)

「シーンとした夜半に耳をすませば、川のせせらぎと虫の声だけ」
「こんな旨い米の飯は初めて」
世辞を言うお客さんの本心は・・我が父親の素朴さに魅かれのだろう??
40年前の山国・白川村には・・
穏やかな移ろう季節の中に、村人の素朴なココロが棲んでいたのだ

003_201409022355337ad.jpg
(* ゴボウ・牛蒡 キク科)

楕円形の平たい石!
1升瓶のカケラ、厚みのある底の部分だったたら最高!!!

民宿を始める二昔も前、昭和20年代後半の白川村、
大家族制度】で知られていても、町から訪れる人はほとんどいない。
名古屋~金沢を結ぶ国鉄バスは日に2本、村を通る国道はは閑散、
乗用車が珍しいような時代、道路は子どもの遊び場も兼ねていた。
ケンケンパー(石けり)で勝つためには、的を狙い易い石を拾うこと、
学校の行き帰り、畑や田んぼの行き帰り・・・いつも下をみて石を探した。
気に入った石やガラスは宝物 粉ミルクの空き缶に大切にしまった。

好い石を持つ者、石けりが強い者は他の遊びにも強い傾向があった。
ゴム跳び、釘刺し、コマ回し、メンコ、ビー玉・・・
馬車やリヤカーに気をつけるだけ、2級国道は子どもの天国だった

002_20140903000053cf2.jpg
(* エゾノキツネアザミ・蝦夷狐薊 キク科)

お化粧します

by the way・・
桂恋村の路傍や空き地・野原で・・小さな薄紅の花が目立ってきた。
エゾノキツネアザミ・蝦夷狐薊は、あの鋭いトゲのあるノアザミの仲間、
同じように葉にトゲはあるが、柔らかくて痛いと感じない。
そして筆状の花弁はフワフワ、茎からポンともぎ取れば・・化粧筆のよう
下校時の小学生はホッペにフワフワ擦りつけ、お化粧遊びでワイワイ

006_201409022355371fd.jpg

秋はどろぼう草が忍びよる

写真をご覧いただき、スニーカーにそっと取り付いているのは、
左が【ゴボウ・牛蒡】・・右が【ダイコンソウ・大根草】
お化粧遊びの小学生に教えたらキャーキャー
相手の上着に付け合いっこ、夢中になって遊んでいた

004_20140902235647f78.jpg

草の実で遊ぶよい子たちも、あと何年か経てばスマホピコピコ
目線を液晶に、親指の運動で脳細胞の活動がリンクするだろう??
両親は眼鏡に、時計に・・ウェアラブル、そんな未来ががやってくる!!

昔は今よりも良かった」・・なんて世迷言を云うつもりはない。
けれど・・また今度、この世に産まれてこられると仮定したら、
液晶テレビはもちろん、PCスマホも存在しなかった時代、
宝物を容れた空き缶を抱えていた、あの頃に遡って産まれたい
  「オモシロカッタンダヨ~











スポンサーサイト

コメント

ほとんど

同じ遊びをして過ごしたみたいです…w
だけど、ゴボウの花は良く見たことがないので、探してみようと思います。
  • 2014-09-05 04:13
  • URL
  • きくちゃん #-
  • Edit

木登りもしたし、田圃の水路で魚取りもした。
亀を拾ってきて、餌も自分で捕まえて与えた。
何も手伝ってもらわない。
自分で考えて遊んだ日々ですね~~。
今でも祖母と同じ蚊帳の中。
祖母がウトウトしながら扇いでくれた風の気持ち良さが忘れられません。
今のチビッ子の記憶には何が残るかな。
笑顔の思い出がイッパイだったら嬉しいですね。
  • 2014-09-05 17:20
  • URL
  • なっつばー #-
  • Edit

Re: ニシパきくちゃん・おばんでした

野生のゴボウ・・
日当たりのよい、土が乾いた場所でしぶとく活着しています。
コンフリーとほぼ同じ場所ですが、群生しないで単独で生えています。
コンフリーと同じようなデカイ葉っぱ、ノアザミによく似た花、
根っこは地味でも、土の上ではけっこう目立って威張っています。

  • 2014-09-05 22:17
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

Re: ピリカなっつばーひめ・おばんでした

> 木登りもしたし、田圃の水路で魚取りもした。
> 亀を拾ってきて、餌も自分で捕まえて与えた。
> 祖母がウトウトしながら扇いでくれた風の気持ち良さが忘れられません。

< ピリカの愉しかった日々にご同感です。

zooのボランチでよい子と走りまわっています。
よい子がココアちゃんやミルクちゃんとお友だちになる。
そのことが・・【よい子の一生のどこかでよい想い出になるはず】
これからもそう信じて、息が続く限り駆けまわるつもりです。
  • 2014-09-05 22:29
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。