スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・ココアちゃんの本能行動

ブルブル 「ギゴ ギゴ

もうすぐ1歳の誕生日を迎えるお隣のお嬢さんのミーヤン
我が家の玄関で私の顔を見たとたん、身体を震わせヨダレをドドッ、
まだ笑い方を知らないので「ギゴギゴ」と妙な声で手を伸ばす。
私が楽しく遊んでくれることを期待して、全身で表現しているのだ。

それから40年余も経った・・・愛しのミーヤンは只今42歳、
幼児時代ののミーヤンは食べてしまいたいほど愛くるしかった
里織ちゃんに勝った」・・と大賛辞、「ウン」・・と家内も肯いたほど。
TVCMで、愛くるしい仕草の里織ちゃんは中原ひとみさんのお嬢さん、
その彼女よりもミーヤンの方が可愛いと思ってしまうほどの天使だった

          さおり

仰向けになった私の足の上に乗ってポンポン人間お手玉・・
抱かえた彼女を逆さまにして手を離し、床に着く前にキャッチング・・
逆さになった彼女の足首を掴み、左右に振って空中ブランコ・・
ギゴギゴ  ヨダレ・ドドッ
涎・「ゲボッ」と戻したミルク・鼻水・・顔をベタベタに汚してして大興奮、
何度も何度も・・・私が疲れてへたばっても、しがみついて離れなかった。

お隣のオジサンはとても面白い
1歳のミーヤンはそんなふうに「学習」して、楽しい遊びを覚えていった。

* 【学習】-広辞苑ー    
まなびならうこと。
経験によって新しい知識・技能・行動傾向・認知様式などを習得すること、
およびそのための活動。      

056_20131106181855e8d.jpg

ガガッ ガ~ 

よい子を引き連れた散歩のアルパカさんの一行が猛獣舎の前を通った。
アムールトラの父リングさん、母チョコさん、そしてココアちゃんまでもが、
頭を低くして跳びかかるポーズや低く吠えたり、ただ事ではない状況に!!

020_201311061819008de.jpg

ZOOスタッフによれば・・「肉食獣のトラにとってアルパカは単なる餌」
襲って、喰ってしまう欲望が一種のパニック状態を作りだしているのだ。
ココアちゃんはこのZOOで生まれ育ち、当然、狩りの経験はない。
檻の前を通るのは人間と鳥だけ・・
稀に散歩で通るアルパカさんのことだって何だか判る筈がないだろう??
なのにアルパカさんを狩りの対象に決めつけている本能があったのだ。
そのアルパカさんは猛獣舎のトラさんを一切気にせずトコトコお散歩。

そこで皆さんにご提案・・zooにお出でいただき・・
肉食獣と草食獣の関係をその眼で確かめてみよう??
こんなワンダーランドは鐘や太鼓で探しても、そんなにあると思えないよ!

* 【本能】ー広辞苑ー
生まれつき持っていると考えられる行動の様式や能力。
特に動物が外界の変化に対して行う生得的でその種に特有な反応形式。

036_20131106181905afe.jpg

by the way・・・
大正8年生まれの我が父親は飛騨で生まれ育ち、白山の峰に旅立った。
を追い、マムシに咬まれ・・山の自然を熟知していた山の民だった。
だから、夏のスズメバチは凶暴なのは当然のこと知っていた。
にもかかわらず、巣を突いて刺され、寝込んだことが何度もあった。
ハチムジナ(アナグマ)を追いたて、巣穴に差し込んだ手を咬まれた。
温厚な性格の父親らしからぬ振る舞いが不思議だった??
「穴の中を探ってみたい、好奇心旺盛な性分だ」・・と母は云う。

眼に見えない部分がどうなっているか知りたい・・
厳密にいえば正しくないだろうが、山の民の本能行動だったのでは??

005_20131106182122708.jpg

あらら 行儀が悪い

女性は別として、鼻の穴を指でまさぐる癖がある子供や男性を見かける
前述の「穴の中を探ってみたい好奇心」・・本能の為せる業なのだ?

人間お手玉空中ブランコで疲れ果てた私は仰向けになって休む。
私の腹の上に乗ったミーヤンはまだ遊びたくて、私にチョッカイで誘う。
私の顔に歯の無い可愛い口で噛みつき、小さな指で眼や鼻をまさぐる。
チクッ 「イダダ
突然、ペロペロキャンデーの柄を私の鼻の穴に突き立てたのだ!!
鼻血がドバー・・私は谷岡ヤスジさんになった。
本能は痛くてツライ

010_20131106182126acb.jpg

遥か昔のこと職場の昼休み・・食後の手持ちぶたさな同僚のケンちゃん、
ポケットに紛れ込んでいたパチンコ玉を鼻の穴に詰めこんだ。
「いくらなんでも5個は無理だろう??」・・と同僚のバカな誘い言葉
お調子者のケンちゃんは5個挿入に成功、それこそ鼻高々のおバカ

が・・・鼻の穴から取り出す際、最初の1個が鼻の奥に引っかかったまま、
グソッ ドレナイ」・・と焦ってボールペンで突いた。
鼻血がドバ~  ケンちゃんの白いYシャッは見る見る間に真っ赤に、
パニックになったケンちゃんが歩き回るので、床もポトポト真っ赤っ赤
鼻を押さえたケンちゃんを助手席に私が運転手、嘱託医院に向かった。

カーラジオのスイッチ・オン
   ♪♪・・・真っ赤に燃えた太陽だから・・
ひばりちゃんのヒット曲がやけに虚しい午後だった

040_2013110618213943a.jpg

40年前に、天使のようなミーヤンと遊ぶ
古希を迎えた今、愛しのココアちゃんとラブラブ
これ以上の幸せはあるだろうか??
   ここはカムイモシリ、全てはカムイの思し召し











     


            


スポンサーサイト

コメント

沢山の楽しい思い出があるんですね♪
どうやら ひろさんは、子供や動物に
好かれる方の様子。
手抜きのなく遊んでくれるからでしょうね。

それにしても、ひろさんのお父さんの
好奇心と冒険心は、驚きです。
命だって、危ないのにね~
「はじめ人間ギャートルズ」みたいです!(笑)
  • 2013-11-11 21:20
  • URL
  • 花ちゃわん #LkZag.iM
  • Edit

Re: ぴりか花ちゃわんひめ・おばんでした

「うん・すん」・・口数の少ない父親でした。
深く話しあったことは1度もありませんでした。
それでも・・畑や山仕事は一緒・・
仕事の合間のイワナ釣りは上手、尊敬の父でした。

油断して風邪をひき、まる2日寝込んでしまいました。
熱でまだボーッとしております。
朝晩の冷え込みの厳しき季節となりました・・
ピリカもご自愛い下さいますよう願っております。


  • 2013-11-13 00:08
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。