スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・天国から「おめでとう」

 「拝啓、吉葉山様
  八幡さまの境内に土俵を作りました。
  遊びに来て下さい
・・・」

私が小学生だったころ、遊びは川や裏山を駆け廻ること、
家の周りではビー玉メンコ(パッチン)で遊んだ。
どういうわけなのか、吉葉山の絵柄の丸メンコが強い??
吉葉山サマサマ」でいつもホンキ勝負はこちらのものだった。

     吉葉山

まだTVの無い時代、雑誌のグラビアでみる横綱は色白でポチャポチャ
なんとなく憧れ、夏休みの相撲遊びにかこつけ、招待の葉書を出した

当代随一の人気横綱、そのフアンレターに梨の礫は当然のことだったが
例え一方通行であっても、私の気持ちを伝えたことでワクワク
チョンチョン・・「タダイマの勝負にて本日のウチドメ~」・・チョン 
土盛りに縄を丸く置いただけの土俵なのに、ココロは国技館??
そんな錯覚を起こさせてくれたのが・・1枚のファンレターだった

010_20130516113615.jpg
(* 父上さま・・リング)

ココアちゃんの誕生日は5月24日、晴れて満5歳!

皆さんが既にご存知のように、5年前に後脚に障害をもって誕生した兄妹、
野生では致命傷、当然のこと生き延びることが出来ない運命なのに??
何とかして、命を永らえないのか!!!」
そんな山口園長の叫びに飼育スタッフは応えた。
が・・翌年、兄のタイガちゃんは1年3カ月の短い生涯を終えた。

残された妹のココアちゃんは皆さんの愛情に見守られてスクスク育ち、
後足の【先天性・軟骨形成不全症】のハンディーもナンノソノ
来る24日、晴れて満5歳の誕生日を迎えることが出来るのだ。

011_20130516113623.jpg
(* 母上さま・・チョコ)

マイブログにいつも登場するナカヨシコヨシのココアちゃんファミリー、
アムールトラ族さんはとてつもなく広いロシアと中国に僅か500頭、
そのお仲間のトラ族について、軽くオサライをしてみた。
世界に存在するトラ族は次の6種類、以下簡単に特徴を記ししてみた。

① アムールトラ・・・ロシア・中国北部など森林地帯に棲息。
② ベンガルトラ・・・インドなど温暖地の山岳地帯に生息。
③ 阪神虎・・・甲子園に棲息、現在絶好調、さていつまで続くか?
④ デトロイト・タイガース・・・MLBの覇者、強力打線で敵なし!
⑤ とら・・・街中や家庭に棲む嫌われ者、別称「ヨッパライ
⑥ 寅さん・・・国民的人気者で故人、かっては葛飾柴又に棲息。

012_20130516113619.jpg

ヒロさん、ココアちゃんにバースデーカードだした?」

キムンカムイのキチノスケから催促されたが、もちろん発送ずみ、
桂恋村から添えた拙いメッセージを披露させていただく。

    ココアちゃん
     おめでとう
     たくさん たべて
     いっぱい ねむって
     よいこと あそんでね!
     てんごくからタイガ


005_20130516113628.jpg

 ピッ ピッ ピッ ピッ ピロリン
メール送信はアッと云う間もなく終わった。・・が何となく味気ない!

う~ん・・・ん・・
少しでも気のきいた文をひねり出そうと、無い知恵を絞る。
何度も確認して、封筒の糊しろを舌でペロペロ、切手もペロペロ!
最寄りの郵便局のポストにポトン投下ついでに大きな窓を覗きこみ、
窓口の可愛い事務員さんにニッコリコ愛想笑いするのだ
メール送信に比べて手間暇かかる無駄な時間、好ましい桂恋時間だ。

032_20130516113934.jpg

桂恋村のように、皆さんもココアちゃんにお誕生カードを送りませんか??
俺はご祝儀を贈るよ」 「私は特大ケーキーを贈りたい
そんな奇特なお方もいらっしゃるが、ココロのこもったカードで充分、
あなたが一見ムダと思えるような手間暇で・・
アイヌモシリのカムイがシアワセナ時間を下さるのだ

宛先は下記の通り、時間の許す限りzoo・HPをご覧いただければ幸いだ。

   〒085-0201 阿寒町下ニニシベツ11番 
         釧路市動物園 ココアちゃん

054_20130516113938.jpg
(*前列はZOOのステキなスタッフさん、後列左端は山口元園長さん)

BB」「M・M」「CC」・・・・「K・K

BBはブリジットさん、M・Mはマリリンさん、
そして桂恋村に新登場のCCはクラウディア・カルディナーレさん、
われわれ世代の男性をボ~ッとシビレさせた憧れだった 
カッコイイ女性は奇しくもイニシャルが同じ文字なのだ。
さてK・Kさん・・・
ローマ字読みだが、「kushiro・ZOO」の「kokoaちゃん」も同様、
アムールトラの満5歳は立派な成人の女性なのだ

031_20130516113943.jpg

そんなステキな女性に、ガラス越しにペロペロ・キッス
私はシアワセもう、いつ死んでもかまわないココロもち!!

021_20130516113946.jpg

アレ~  まったくカッコよくないけど、「katurakoikamome」も・・・
K・K」なんだべさ・・・と、お猿さんが・・













  








スポンサーサイト

コメント

ココアちゃん♪

おぉお、
ココアちゃん~~(*^o^*)♪

いきさつを聞くと、
益々、愛着親しみを覚えます。
そーかそーかウルル。
24日ですな。了解♪
そのときまでは、
おめでとぅは云うのやめとこ。
お誕生日会も盛会な事でしょう~♪

しかしながら何故、ココアちゃん?
ウチの近所のわん仔にも、
プリンにチョコにシナモンにえぇーとバニラ・・・
なんとなく色味のようではありますが~
してココアちゃんは、何故にココアちゃん??

  • 2013-05-17 11:38
  • URL
  • レイまま☆ #-
  • Edit

Re: ピリカレイママホシヒメ・ハロ~

* 30年以上も前のことなので、オボロな記憶ですが・・
ピリカのギルエバンスさんの記事から、思い出しです。
六本木の店の名は忘れましたが、jazzのこと、
ホレスシルバーさん??のピアノプレイを愉しみました。
酒と♪に酔い、店を出てソビエト大使館の近くまで歩くと、
眼の前を、千鳥足の酔客と同伴の物凄い美人がフラフラ・・
眼の前で派手に転んで、大声で訳の分らぬ歌うたい??
そのお方こそ、我らが時代劇スター【白馬童子】様なのです。
ボ~ッ・・・転んだスター踏みつけ、美人を眺め続けました。
キレ~ナ金髪さんでした・・つまらぬ想い出のお粗末です。

*さて、ココアちゃんのネーミングについてお答えします。
命名者でないので、あくまでも想像の域ですが・・・
母親は「チョコ」、そのイメージから「ココア」なのでは??
ですが・・・桂恋村は別の推測です。
アムールトラの棲息地は旧満州からロシアの森林地帯にかけて、
ならば・・・軍歌を引っ張り出して・・
「♪・・ココアお国を何百里、離れて遠く満州の・・♪」





  • 2013-05-17 16:43
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

白馬童子って、
山城☆伍さんデスか?
へぇ。。。あの辺りがテリトリーだったのかも。
あの辺りの病院で(ウチのすぐ近所デスタ)
晩年は、淋しく御過しだったと聞きますゆえ~。

ロシア大使館辺りは、
”狸穴坂”というんがありまして、
なんかそういうエピソードが似合いまする。
その金髪美女の本性は
北の国からの狸さんだっかもしれません。

よきちさんは、
よくそういう美女がらみの怪談みたいなのに
遭遇されまするねー☆ムフフ

おぉおお、本題~
そっか、ココアちゃんは、
そっかぁ~チョコちゃんから。。。ココアLOVE...♡


追伸:
>「♪・・ココアお国を何百里、離れて遠く満州の・・♪」

あっぱげ!もとい~あっぱれ!で、ゴザイマス♪
  • 2013-05-17 18:00
  • URL
  • レイまま☆ #-
  • Edit

Re: ピリカレイママホシヒメ・オハヨウサマ

あの界隈がピリカのお住まいだったとは??
エゾタヌキには遠く離れた狸穴を知るよしもありません。

都会人のピリカと飛騨の山猿、妙齢と老爺、黒髪と禿、
対照的な者が出逢い、言葉を交わすことが出来る・・
昔だったら想像すらできない「webはスバラシイ空間」
ひたすら「ありがとうございます」・・
電気とピリカにココロから感謝なのであります。

アマンド菓子店からR246を少しだけ渋谷ランプ寄りで、
夜間交通取り締まりで止められ、ドタバタとなりました。
そのオボロな想い出をつなぎ合わせ、後日マイブログに、
そんな気持ちにさせたピリカとの「言葉遊び」なのです。

一昨日から気温10度超え、昨日は12度と春陽気・・
コブシの白い花を見つめて、ニッコリコなのであります。
【桂恋村総務課モーモー花子】
  • 2013-05-18 03:45
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。