スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・危機一髪

♪・・ポッポ~  ガッタン ガッタン ガッタンコ

石炭を満載した貨物列車が汽笛を響かせた。
日本で唯一、石炭を採掘している釧路コールマイン(株)、
その石炭を積み出し港まで運ぶ【臨港鉄道】24両のシャトルトレイン
春採湖畔の踏切でボーッと眺めていたら・・・
遥か昔の若いころの・・苦い想い出が蘇ってきた。
バカバカしい想い出なれども、しばしのお付き合いをいただく。

017_20130319032106.jpg

もう40年以上も前・・
室蘭本線・伊達紋別駅から3駅下った黄金駅付近でのこと、
町道と交差する無人踏切を横断しようとした。
踏切は町道より50cmほど盛り上がっているので、
ダットサンバンを踏切手前で1時停止、勢いをつけて通り抜けようとした。

ガッン★ ズリ ズリ ズリ
ダットサンの鼻面は線路まで届いたが、腹が轍につかえてしまい、
後輪がスリップ、凍ってガチガチの路面を空回りしている。

よし バックしてもう1度だな!!」
余分にバックして、勢いをつけて坂を上った。
が・・・またしても深い轍に腹をとられ、後輪は空回りするだけ。
もう1度バックしてやりなおしだ!!!」
バックギアに叩きこんで吹かしたが、後輪は激しく空回り!!
鼻面を線路にかけたまま、今度はバックまで出来なくなった。

009_20130319032104.jpg

マズイ 汽車がきたらヤバいぞ」 
ここは人家から離れた踏切、何とか自力で抜けださねば!!
ウ~ン ウ~ン ウ~ン
車から降り、フロントバンバーを押したが・・動いてくれない。
フロントサスは持ち上げると少し伸びるが、車輪はビクともしない。

♪♪・・ボワ~ ポッポワ~ ボワ~
室蘭方面から汽笛が・・間が悪いことに列車が来た

クソ~ 動いてくれ 神様!!! クソ~
筋肉が破裂寸前まで満身の力をこめたが、少しも動いてくれない。
クソ~ もう駄目だ! 責任とって俺も一緒に死のう」 

ビュー ドン  ズル ズルズル 
目を閉じ、そうあきらめた瞬間のことだった。
私の後ろから強風が吹きつけ、私ごとダットサンは吹き飛ばされた。

001_20130319032310.jpg

キー キィー キー キー ゴン

危機一髪
急ブレーキーを掛けた列車は踏切を通り抜け、100mほど先で停止した。
石炭を満載した貨物列車だった。
「スイマセン・・・」
「ぶつからなくて・・よかったな~ アンタ、紋別駅に寄ってよ」
♪♪・・・ポ~ ポ~
ススで真っ黒の運転手は額の汗を拭い、貨物列車は動き出した。

列車を止めたら、莫大な損害請求が来る
そんな知識が頭の中を駆け巡ったが、ともかく伊達紋別駅にと・・
ダットサンを全開、無我夢中で駅前の駐車場にたどり着いた。

001_20130319032317.jpg

オオッ」 バタン ドン 

駅長室はどこだ??」
気があせつていたので、駆け込んだ駅舎の階段で足がもつれ、
つま先を段差にひっかけ、空中ジャンプのような姿勢で顔から落ちた。
鼓膜が破れるようなショック★★ 周りが暗くなって意識を失った。

真っ白な部屋で、私は横たわっていた。
黄泉国・出入国管理事務」と看板のある部屋だ。
私の傍らで私を見ているのは、真っ白な着物を着た女性、
キャメロンさんと見間違うようなカッコイイ女性が微笑んで話しかける。
ヒロ・・もうダイジョウブじゃ

オ~イ しっかりしろ!!」
大丈夫か??」
今度は・・私の顔を覗きこんでいるのはキタナイ男の顔ばかり、
覚醒したのだ・・ここは浮世、私は死んではいなかった

002_20130319032313.jpg

自分のことを自慢するようで、何となくおこがましいが、
私の顔は【郷ひろみ】さんと似たり寄ったり、俗に云うイケメンだった。
が・・あの伊達紋別駅での大転倒のせいで、大きく変わってしまった。
鼻の小骨が砕け、頬骨は歪み、眼は垂れた、
劇的な変化で、今のような崩れた顔になってしまったのだ。

今度から気をつけてくださいね
鼻血で真っ赤に染まったシャッと、真っ青に腫れた鼻と眼、
駅長さんはそんな迫力にタジタジ、何事のお叱りも無かった。

005_20130319032058.jpg

衝突寸前に吹いてきた強風??
1tものダットサンを吹き飛ばしたパワーは並みのものではない?
ご先祖・白蛇さまが助けてくださったのだ
バカバカしい・・ヒロさんの作り話
当然のこと、そう思う方もいらっしゃることだろう。
が・・次のような現象があったことを付け加えておく。

翌日早朝のこと、
洞爺温泉の宿泊関係者は奇妙な朝ぼらけを体験した。
上空に真っ白なモコモコ雲が発生、「アレヨ・アレヨ」と云う間もなく、
轟音を響かせて、一気に南西の方角に猛スピードで消え去った。
モコモコ雲は細長く変化して、あたかものようにクネクネしていた。

033_20130319032101.jpg

*蛇足だが・・
ご先祖・白蛇さまは、当夜は名湯・洞爺温泉の湯あみで疲れを癒し、
翌朝、白雲ジェット機に搭乗して飛騨白川村にお戻りになった。

湯冷めした ハ~ハクジャン 風邪ひいた  (白蛇日記)より















スポンサーサイト

コメント

良いお話!

こんにちは。
「もう大丈夫じゃよ」の一声で、全てが丸く収まった!突風と云い階段から落とす力と云い、すべて筋書き通りでしょう〜まだし残した仕事がこの世にある!
よきちのひろさんの人生、面白いですね!
  • 2013-03-20 16:04
  • URL
  • yokoblueplanet #-
  • Edit

Re: ニシパyokoさん・おばんでした

ありがとうございます。
「ヒロさんの作り話」と皆さんに思われますが・・
白川村のよきちのご本家「長瀬家」の背戸には由緒が実在します。
ご先祖タミノスケと白蛇のお陰で、水飢饉を救った【井戸】です。
もしも、白川村をお訪ねいただく機会がありましたならば・・
「長瀬家」の前の小さな合掌・カフェ「落人」にお立ち寄りください。
ご本家の三男・ヨシミさん・・気さくな店主です。
ついつい、ふるさと自慢をしてしまいました。
  • 2013-03-20 20:21
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

了解!

こんにちは。
近くまで行ったのですが、白川村へは大雪で無理でした!次回出かける時は、「落人」、覚えておきます!
ありがとう。
  • 2013-03-21 08:51
  • URL
  • yokoblueplanet #-
  • Edit

長寿の秘訣、しっかり受け止めました。
やはり、人生は世の中の荒波に真っ向から対峙しなければ・・・(時すでに遅しかな?)

青大将は近所の堤防に屯、ご利益はありますまい、いじめた実績が・・・
そちらから念力で白蛇さまのご加護を送っては…いかんなぁ他力本願は。

気をつけよう、天の黒雲地の響き! 階段もだな。

実話にもとずくお話、毎度痺れを切らして待っているたくらんけです。
  • 2013-03-21 16:34
  • URL
  • 朴 狸 髭 #YDOxSa4Y
  • Edit

白蛇さまも、こうちょくちょくひろさんに危機に遭われたんでは、気が気じゃないですよ。きっと、イラッとして、ひろさんから「イケメン成分」を奪っていったのだと思います(笑) これで女難については半減されたものと思われます★
  • 2013-03-21 17:46
  • URL
  • あけぼう #-
  • Edit

怖~!
ひろさんは、嵐で体持ってかれたり
踏切で風に助けられたり・・・。
両方共 風!
そこが 如何に 強風の大地なのか
よくわかりました。
こちら、今日は吹雪でした。
まだまだ、風は安心できませんね。
 
 
  • 2013-03-21 18:35
  • URL
  • 花ちゃわん #LkZag.iM
  • Edit

Re: ニシパyokoさん・おはようございます

わざわざのReコメをいただき、ありがとうございます。
集落入口のカフェ【鄙】店主は幼馴染・・
いつの日にか・・お立ち寄りください。

  • 2013-03-22 05:19
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

Re: ニシパ朴狸髭さん・おはようございます

いやいや・・
「長寿」の秘訣の前に「弔辞」をいただく破目に??
狸髭さんのお側には秋田おばこさま・・
ゴルフ打ち上げ会にも秋田おばこさま方を侍らす・・
秋田のお大尽のニンマリ顔が浮かんできます。

色香に惑わされず真実一路の桂恋村なれど、
うらやましき秋田男性の鑑に拍手喝さいでございます。
  • 2013-03-22 05:31
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

Re: かりぴ~あけぼう・おはようございます

「どうしてもてないのか??」悩み続けた人生、
「イケメン成分」欠乏症とは?? 今・・ようやく気付きました。

そこで冷静沈着な分析官・かりぴ~さまにお尋ねします。
「福沢さまとお友達」欠乏症とどう向き合えばよろしいのか??
ツラクテ、アワレナ、寂しい人生の打開策をお教え下さい。
  • 2013-03-22 05:42
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

Re: ぴりか花ちゃわんひめ・おはようございます

千島海上に抜けた低気圧は960ヘクト・・
日本海側の皆さんは大変だったこととお察します。
白蛇さまが飛騨にお戻りのコースは2通り・・

① 仙台で笹かまぼこをいただく太平洋沿いコース、
② 秋田おばこ懇親会にオブザーバーの日本海コース、
もしも・・ですが・・
ご先祖と面会のさいは「手土産」を・・と、
あつかましきお願いでございます。


  • 2013-03-22 05:53
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。