スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・ロマンチスト

桂恋かもめ・カムイの棲む里 001 
055_20120829101011.jpg

ガスレンジのスイッチ・・・ポン   お湯がボコボコ
コーヒーにクリープ・・・・一匙   ゴックンコ 「ああ~旨いな~」


安直にホットコーヒーが飲める今の時代と違って、
囲炉裏で火を焚いた遥か昔のこと・・
ボーボー燃える焚き木に向かって、アイヌは詠った。
それは、火の神カムイ・フチへの感謝の祈り。

     火の神さまの
     あたたかいおめぐみで、
     私たちは生きかえり
     助かっています。
     また、火の神さまの上にかかる
     ナベのなかの食べ物を薬のようにいただき
     私たちは育つのです。

      (理論社・・悲しみのコタン)

002_20120829101039.jpg

陽・雨・雪・雷・風・火・水
死んだ人・悪い病気
シマフクロウ・クマ・カラス 
トリカブト・オオウバユリ


アイヌの日常は、いつも神さまと一緒、
人の力のおよばない事象、
そして生きてゆくために大切なものに宿る魂、
それらをカムイとよんで敬愛していた。

ボ~ッとして、何も考えずにコーヒーを飲む私と大きく違って、
アイヌは鍋の粥をすするために、火の神カムイ・フチに歌を捧げた。
アイヌの人々は精神性の豊かな、ロマンチストだった
そんなステキな人々が棲んだ土地には、当然ステキな名前がついている。
わが桂恋村のおさらいから始めて・・
お隣・釧路市興津、いつもの散策の春採湖
遥か昔アイヌモシリに戻って、地名の由来を偲んでみたい。

004_20120829101550.jpg

桂恋・カツラコイ
カツラコイ・チリ」と言う鳥が多く集まる所、その鳥の大きさは鴉ほど。
波間に瑠璃色の鳥が漂う、極楽浄土のようなステキなロケだったのだ。

興津・オコツ
オ・ウコッ・ナイ」は順に「性器・くっつく・川」のこと、
その当時は、二つの川が浜で一つに交ざっている所だった。
その状況をSEXと呼んでいた。

019_20120829101641.jpg

春採・ハルトリ
ハル・ウトル」 
「ハル」は黒ユリやエゾエンゴサクなど野の花のこと、
「ウトル」は沼のこと、
湖畔に春の花が咲き乱れる春採湖への尊称なのだ。

オヤコツ(現在のチャランケ・チャシ)
かってはチャシ砦だった、春採湖に突き出した小半島がある。
オ・ヤ・コッ」は順に「尻・陸・くっつく」のこと、
小半島の形から、「尻をハグと呼んだ。

031_20120829101830.jpg

ルリ色の鳥・SEX・黒ユリやエンゴサク・ハグ

単に記号のみの地名とは異質の、有機の言葉で呼ばれていたのだ。
アイヌモシリの大地を鳥や獣のように自由に駆け巡る・・
そんなアイヌの人々の発想は、おおらかで自由自在だった。

001_20120829101858.jpg

シャカシャカ  グイッ 「オオッ」 パシャッ

ショッピングセンターの広場でステキな親子と遭遇した。
年齢は1才半とのこと、元気ハツラツ、眼が輝いていた。
お母さんの了解を得て、しゃがんでカメラを構えると、カワイコチャンが、
レンズの直ぐ前まで迫ってきたので、慌ててシャッターを切った。

無垢な瞳に、おおらかな未来をいっぱい閉じ込めて・・
ここはロマンチストの名残の地 
             健やかに育てと祈る




  


スポンサーサイト

コメント

良いお顔!

こんにちは。
最後の男の子の顔写真がすべてを語るような今日の記事。有機的地名も含めて、もっともっと地から天から出るエネルギーに根ざした生活を取り戻さないと、、、ですね!
  • 2012-08-30 13:42
  • URL
  • yokoblueplanet #-
  • Edit

そうなんだ・・・

>アイヌの日常は、いつも神さまと一緒、
 人の力のおよばない事象、
 そして生きてゆくために大切なものに宿る魂、
 それらをカムイとよんで敬愛していた。

ワタシ達に一番欠けているのは
これかもしれないなぁ~。

このかわいこちゃんの瞳には
勝てませんね♪
  • 2012-08-30 19:38
  • URL
  • 花ちゃわん #LkZag.iM
  • Edit

Re: ニシパyokoさん・おばんでした

カワイコちゃんをお誉めいただき、ありがとうございます。
ここ北海道には「日高町」と「新日高町」があります。
部外者にはさっぱり区別ができません。
それにくらべてわが桂恋村や周辺地名の由緒・・
この地に咲く野の花まで活きゞしているように感じます。
これがアイヌモシリなのだと思っています。。
  • 2012-08-30 22:40
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

Re: ぴりか花ちゃわんひめ・おばんでした

うれしいコメント、ありがとうございます。

NO1カムイは太陽、以下月・火・水・・・
何とカムイNO4はコタンコロカムイことシマフクロウです。
アイヌが敬愛したこの神の鳥は僅か100羽少々だけ、
知床周辺に棲みつく哀しい絶滅危惧種です。
いつの日にか釧路ZOOにお出で下さい。
5羽のコタンコロカムイがお待ちしております。

  • 2012-08-30 23:03
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。