スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・フキノトウ

ロンドン警視庁は【スコットランドヤード】ならば・・
本朝では警視庁は【桜田門】なのだ。
そして、桂恋村軽視庁を【桜ヶ丘】と呼んでいただきたい。

ご先祖に、神田明神は銭形平次親分を、
伯父に、ルパン3世を追いつめた銭形警部
そんな名門の【銭形とっかり】一族が詰めているのが【桜ケ丘】なのだ。
軽視されるどころか、世界の公安関係者が憧れる聖地なのだ

012_20120405174928.jpg

4月になっても、まだ雪が残る桂恋村だが春はすぐそこまで来ている。
福寿草やエンゴサク・・春は野花を連れてやってくる。
ユキワリコザクラエゾウスユキソウそしてハクサンチドリ
クシロハナシノブエゾトリカブトなどの固有種からタンポポまで、
アイヌモシリは、11月の初雪が来るまで野の花でいっぱいなのだ。

by the way
何時間も空の旅を続け、ようやく辿り着いたスイスアルプス
ハイジさんの案内で何時間も歩いて、ようやく目にしたエーデルワイス
本邦では【西洋ウスユキソウ】と云う。
多大な時間と金銭を浪費しなくとも、桂恋村の浜を訪ねていただきたい。
崖の上には、見た目がまったく同じ親戚筋の【エゾウスユキソウ】が、
小さな星のような花に、白い真綿でうっすら被っている。

エゾウスユキソウ (1)

「そんなのTVや写真で見るから、別にどおってことないよ!!」
読者の皆さんから、こんなお言葉をいただくこともある。
が・・珍しい花そのものではなく、この地の環境を知っていただきたい。
札幌など道央地区に比べ、桂恋村は冬は比較的暖かく夏は涼しい
南下する千島海流から噴き出す天然エアコン
その空気シャワーに覆われてしまう独特の気候風土なのだ。

「アッツ アツイ!! 35度もある グダ~
本州や道央が猛暑の夏、桂恋村は20度程度、
エアコン無用の爽やかサマーライフなのだ。

       051_20120405174051.jpg

地球温暖化のせいで、昨年の本州は灼熱列島と化した。
そこで、桂恋村の涼風をお届するので、少しでも涼んでいただきたいのだ。
具体的には、野花の写真を見ていただき、
気分だけは桂恋村に旅をして、野花を摘んで遊んでいただく。
カメラマンと簡単な注釈は銭形とっかりが担当する。
ご先祖様は【銭形平次捕物控】、桂恋村では【銭形とっかり・撮物控】、
この4月から、雪がやって来る11月までの7ヶ月間、
丘で、浜で、湖畔で、湿原で・・・皆さんと楽しいトリモノ遊びなのだ。 


桂恋軽視庁・銭形とっかり撮物控  037_20120405173947.jpg 001

花咲く春は軟らかな陽の光を浴びて、
永久に囀る小鳥と共に歌い暮らしてとり蓬摘み・・

            (知里幸恵 アイヌ神謡集より)

アイヌの言葉で【コロコニ】・アキタブキは2mの丈と雨傘級の葉っぱ、
だから、フキノトウも握りこぶし級の大きさなのだ。
雪が降る12月ころから、雪融けを待って地面の境で眠っている。
桂恋村の雪融けの4月が来れば「ハロ~」と顔を覗かす。

065_20120406101150.jpg

採って直ぐにテンプラにするのなら、灰汁抜きは無用だ。
が・・そのまま揚げては苦くて、エゴくて美味しくない。
12月からジーッと眠っている間に、灰汁を貯めてしまったのだ。
そこで読者の皆さんに桂恋村流の調理を紹介しよう。

① 外側の苞を何枚か剥いて棄てる。
② 粉を付けてから、逆さにしてテンプラ鍋に入れる
蕾に十分に熱が通れば、適度のほろ苦い旨みを楽しめる。

018_20120406101238.jpg

ヒロさん!! フキノトウを採ると風が吹くから、気をつけろや

釧路ZOOのキムンカムイ・キチノスケさんにくどく云われていた。
4ヶ月も眠っている間に、灰汁と同じように北風まで貯めてしまったのだ。
けれど、そのことをすっかり忘れ、
4月2日、日中の陽気に釣られて、無造作にテンプラ用を採ってしまった。
3日から4日にかけて、台風級低気圧は日本各地に被害をもたらした。
それとは別に4日のこと、アイヌモシリに強風が吹き荒れた

ピロ~ン
5日午前4時・・カモメールが着信・・ZOOのキチノスケさんから!!
 「昨日の強風はヒロさんがフキノトウを採ったせいです・・
  次からは、事前に必ずコロポックルさんに連絡して下さい


     002_20120406101316.jpg

・・そうだったんだ の下にでかい扇風機があつたんだ・・
コロポックルさん! ゴメン ゴメンナ 反省してるから・・」
 
読者の皆さんにも、私からお願いする・・
フキノトウを採る前に必ず、
桂恋村役場・気象庁まで予定の日時をご連絡願いたい
」!!




























スポンサーサイト

コメント

へぇ~! 知りませんでした。
フキノトウを採ると風が吹くって・・・。
北の大地は、なにやら不思議がいっぱいですね♪
アキタブキには、なかなかお目にかかりません。
栽培しているようですが。
「コロポックル」って「フキの下にいる人」っていう意味だったんですね~。
調べてみたら、おもしろくなってきましたよ!
  • 2012-04-09 10:01
  • URL
  • 花ちゃわん #LkZag.iM
  • Edit

Re: ピリカ花ちゃわんさま・おばんでした

> へぇ~! 知りませんでした。
> フキノトウを採ると風が吹くって・・・。
> 北の大地は、なにやら不思議がいっぱいですね♪
> アキタブキには、なかなかお目にかかりません。
> 栽培しているようですが。
> 「コロポックル」って「フキの下にいる人」っていう意味だったんですね~。
> 調べてみたら、おもしろくなってきましたよ!

<コロポックルにお会いくださいまして、ありがとうございます。
岩手では【風の又三郎】さんがドドットですが・・
桂恋村はフキノトウから春の風が吹き付けられます。
そしてどんどん大きくなって2m級・・
アキタブキさんは逞しいんです。
季節の変わり目、風邪など召されませんように・・
  • 2012-04-09 22:14
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

コロポックルさんに断ってから

こんにちは。
握りこぶし級のフキノトウ、間違った採取法で採れば,大風。はい、コロポックルさんに断ってから出かけるように致しましょう。
日本にもエーデルワイスのそっくりさんがいますが、このエゾウスユキソウが一番似ていますね。
  • 2012-04-11 07:52
  • URL
  • yokoblueplanet #-
  • Edit

Re: コロポックルさんに断ってから

> こんにちは。
> 握りこぶし級のフキノトウ、間違った採取法で採れば,大風。はい、コロポックルさんに断ってから出かけるように致しましょう。
> 日本にもエーデルワイスのそっくりさんがいますが、このエゾウスユキソウが一番似ていますね。

<ニシパyokoさん・おばんでした。
フキノトウ採り、事前連絡たしかにいただきました。
ありがとうございました。
昨年のウスユキソウの場所を覗きましたが、
雪が融けたばかりで、そこにはまだ何もありません。
もう少し待っていただき、葉っぱや蕾の写真を投稿の予定です。
【桂恋村気象庁・予報課コロポックル】
  • 2012-04-11 16:46
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。