スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・とちもち

桂恋かもめ 053.jpg 「あなたはだぁれ?だれでしょか」 001

わかり易い! 
御存じ【怪人二十面相】はしがきの一節・・
江戸川乱歩さんの名調子をご覧いただきたい。

      ✒     ✒     ✒     ✒
・・その賊は二十のまったくちがった顔をもっているといわれていました。 つまり、変装がとびきりじょうずなのです。
どんなに明るい場所で、どんなに近寄ってながめても、少しも変装とわからない、まるでちがった人にみえるのだそうです。老人にも若者にも、学者にも無頼漢にも、いや、にさえも、まったくその人になりきってしまうことができるといいます。
では、その賊の本当の年はいくつで、どんな顔をしているのかというと、それは、だれひとり見たことがありません。二十種もの顔を持っているけれど、そのうちの、どれが本当の顔なのだか、だれも知らない。いや、賊自身でも、本当の顔をわすれてしまっているのかもしれません・・
      ✒     ✒     ✒     ✒

赤太字の一節は哲学的で深く考えさせられてしまう。
私・よきちのひろ郷ひろみさんと年は違うが、月と日が同じ誕生日、
だから「俺は郷ひろみさんと同じだよ」と云ったら・・
どこが? 何が?」と端から相手にしてくれない人がいれば、
郷ひろみより男っぷりはあんたの方がが上だ」と云う人もいる。
ややこしくなって、どれが本当の自分なのか??判らなくなってしまった。

034_20120113022022.jpg

桂恋村にも新しい年がどうにか明けた。
そこで新しい企画【あなたはだぁれ?だれでしょか?】を立ち上げた。
よきちのひろの本当探しはとりあえず保留、別な話題から取り上げたい。
そこで第一回目は【とちもちさんは?だれでしょか?】から始めたい。

011_20120113022106.jpg

うまい! 白川村で生れ育って!ありがたい 

雑煮・ぜんざい・いそべ・・初春だからとちもちさんで祝っている。
(白川村・合掌民家園より冬季限定をいただく)
山国の匂いがほのかに香り、ほんの少し、ほろ苦さが舌に残る。
栃の木の精気は私の血液を駆け巡り、身体がポカポカ温まってきた。

015_20120113022232.jpg

都会人には馴染みのないとちもちさん、少しだけご説明させていただく。
食用に加工した栃の実と、もち米を混ぜてついた変わり餅の1種なのだ。
山国では縄文の時代からデンプンやタンパク源として栃の実を食した。
ドングリやクルミと違い、アクが強くて動物は食べることが出来ない。
サポニンなどのアク抜きの技術を持った人間だけが食用に供した。
採取した栃の実を水に晒すことから始めて、熱湯処理、皮むき、乾燥、
10日ほどの水晒し、灰汁つくり、灰汁混ぜ・・・
今の時代では気の遠くなる手間と時間をかけて、ようやく食用となる。

050_20120113022319.jpg

夕陽の浜を散策していたら、突然、あの時のふるさとを想いだした。

久しぶりに帰省し、生家に辿り着いた時、茅葺屋根が夕陽に照らされた。
「カァチャン まめなが!! 休ましてくりょ!!」
 「おぉ よう帰ってきたが! 腹へつとらんか? ストーブ温くといど

母はストーブの天盤にある餅網でとちもちさんを焼いた。
薪をくべるために開けた焚口から、煙が立ち上った。
母は煙に顔をそむけ、首に巻いた手ぬぐいでを拭った。
グーッ グーツ
とちもちさんのコゲた香りで腹が鳴った。
 「焼けたど・・食わんか!!

060_20120113022355.jpg

・・とちもちさんの本当、カァチャンのココロなのだ・・
6年前に逝ったカァチャン・・夕陽の向こうで笑っていた・・












スポンサーサイト

コメント

母の味

こんばんは。
空気が冷たくキーンと張っているような光景ですが、美しいですね。そこで思い出す母の味。
余計と恋しくなりますね。
トチ餅は福井のお祭りでたんと味わってきました。
作るのに手が掛かるお餅、美味しかったです!
  • 2012-01-13 19:58
  • URL
  • yokoblueplanet #-
  • Edit

トチ餅は母上さまの思い出の味でもあるのですね(´∀`)
実際あけぼうはトチ餅というものを食べたことないです。食べてみたい!
そちらは本当にめちゃくちゃ寒そうですね…。
あったかい帽子をかぶっていてください…。
  • 2012-01-13 22:12
  • URL
  • あけぼう #-
  • Edit

Re: ニシパyokoさん・おばんでした

> こんばんは。
> 空気が冷たくキーンと張っているような光景ですが、美しいですね。そこで思い出す母の味。
> 余計と恋しくなりますね。
> トチ餅は福井のお祭りでたんと味わってきました。
> 作るのに手が掛かるお餅、美味しかったです!

< うれしいコメントありがとうございます。
北陸の方々は栃餅を上手に作ります。越中衆も美味しく作ります。
本来は冬季だけの季節物なんですが、白川村のお隣・城端では年中売っています。
これからも栃餅をよろしくお願いします。
  • 2012-01-14 18:02
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

Re: ぴりかあけぼう・おばんでした

> トチ餅は母上さまの思い出の味でもあるのですね(´∀`)
> 実際あけぼうはトチ餅というものを食べたことないです。食べてみたい!
> そちらは本当にめちゃくちゃ寒そうですね…。
> あったかい帽子をかぶっていてください…。

< 先ずは脱走さわぎの終焉、ほっとされたでしょう。
「あんたがしっかりしないから、ピリカまで不安にさせて」
と・・オエライ法務お役人さまに申し上げます。
トチモチは季節物、今年の秋がきましたら情報を提供いたします。
風邪引かないようにボツボツです。
  • 2012-01-14 18:14
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

よきちのひろさん、歳々って言わないでよ(笑)
郷さんと同い年なら今年57じゃないですか、私と10しか変わらない。
因みに私は 阿部寛と同い年です。それと、江頭2:50もね(笑)
  • 2012-01-14 22:42
  • URL
  • 夕焼けトンビ #-
  • Edit

追伸
読み直したら、月日だけが同じって・・ 面目無い。おかしいと思ったんだよね(笑)
  • 2012-01-14 22:46
  • URL
  • 夕焼けトンビ #-
  • Edit

Re: ニシパ夕焼けトンビさん・こんにちは

> 追伸
> 読み直したら、月日だけが同じって・・ 面目無い。おかしいと思ったんだよね(笑)

< わざわざありがとうございます。
ニシパは二枚目のモテモテとか、あまり女性を泣かせないで下さい。
村はこのところ毎日のように晴天続き、朝晩はマイナス2ケタの冷え込みです。
ストーブの前でふるえる日常、ひたすら春を待っております。
  • 2012-01-15 13:43
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

こんばんわぁ~~~

友人が栃の実のアク取りをするから灰をちょうだいって・・
(その頃まだ薪で風呂を沸かしてたので)
それで栃餅を作ってたようです
なんか思い出しました
お母さんの思い出の栃餅 胸キュンやな
  • 2012-01-16 20:05
  • URL
  • ちょうじゃの #-
  • Edit

Re: ちょうじゃのさん・おばんでした

> 友人が栃の実のアク取りをするから灰をちょうだいって・・
> (その頃まだ薪で風呂を沸かしてたので)
> それで栃餅を作ってたようです
> なんか思い出しました
> お母さんの思い出の栃餅 胸キュンやな

< ありがたいコメントありがとうございます。
その友人さん、まだ栃餅をついているんでしょうか??
母が逝ってからもう6年、だんだん想い出も薄くなって消えていきます。
トチモチを食する時は、母に会える時・・そんな感傷で暮らしています。
これからが寒くなります。風邪などひかれませんように・・ 
  • 2012-01-16 23:50
  • URL
  • よきちのひろ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。