スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カツラコイの鐘

信金さんに所用あり、
駐車場に鼻先から乗り入れた。
しばれた路面で後輪がズルズルと横滑り。
あわてて降りてみると、

・・・・・?・・・・・アア ヨカッタ

小さな鐘と、小さな塔に接触寸前だった。
直径60㎝ほどの鐘が約3mの高さから吊り下げられ、002.jpg

かわいい屋根に護られていた。    011.jpg

それは信金でなく隣接の元洋品店の駐車場にあった。
場所をとらなくて邪魔にならないせいか、
何年も通っているのに今日はじめて知った。
たぶん、地元でさえ忘れ去られたに違いない。

由緒は・・・
1953年のこと、釧路カトリック教会司祭がイタリアから取り寄せ、
…鐘の音でこの地の人々が心一つになれるようにとの願いをこめ…
1996年、地区商店振興会が設置した。
とのこと。

今から15年前といえば、炭鉱の斜陽化は進み
この地区の過疎化が始まった時期だった。
魚、パルプそして石炭で沸いた釧路・・
そんな良き時代の復活を願い、振興会長は自宅前に設置したのだ。
その洋品店は1年前に廃業し、看板のない寂しい空き店舗になった。

大晦日まであと3日。
私はこの鐘を鳴らしてみたい・・・鳴らすつもりでいる。
予行演習に1度だけついてみた。(実際は紐を振るだけだが)

ガァァァー・・ンン・・・
好い響きだった。

3日前から「おめでとうございます」



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。