スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・カツラコイコザクラ

ハクサンコザクラ・ミチノクコザクラ・
レブンコザクラ・ユウバリコザクラ・ソラチコザクラ・
カツラコイコザクラ


022_20140525072325508.jpg

ユキワリコザクラ・雪割小桜はサクラソウ科サクラソウ属、
本州山岳地帯・北海道・千島列島に生息する高山系の野草
各々の生息地により、葉や花の形に僅かな違いが見られる。
その主な地名を冠とするネーミンングで愛好家に春を告げている、
例えば・・礼文島で咲くから「レブンコザクラ」なのだ
釧路から根室にかけての海岸線も5月はユキワリコザクラの開花期、
特に落石海岸の群生は有名、根室市は【市花】に選定しているほどだ!

益浦~岩見浜の海岸線での植生は「カツラコイコザクラ」とよばれている

010_20140525072340dbf.jpg

網走:0,4~4,5   釧路:2,7~15,5

低気圧の谷間にすっぽり覆われてしまった5月23日のこと、
明け方の網走は雪やこんこん、釧路は冷たい北風びゅ~びゅ~
桜も散り始めた5月下旬と思えないほど、冷え込んでしまった。
桂恋の浜では、カツラコイコザクラは肩をすぼめてブルブル震えた

例年なら海水温が上昇するので海霧がモクモク発生して、
桂恋の浜はボ~ツと霞み、コザクラはオボロの中に佇んでいるのに、
今年は北風の中・・地球温暖化やエルニーニョを予感してブルブルだ

018_2014052507233672c.jpg

天上の世界:神々の国・・・カムイモシリ
地上の世界:人間の国・・・アイヌモシリ
地下の世界:地獄の国・・・ポクナモシリ


by the way・・・
この北国の先住民はロマンチスト・・地球を3つの世界で分けていた。
私が愉しく暮らしている桂恋村はアイヌモシリの一部分、
希望すれば、天上でも地下でも好きな場所に行き、また帰ってこられる。

そのポクナモシリの入口は、カツラコイコザクラの浜から300mほど西、
崖の中央にポックリ、どこまでも深い穴が空いている
地獄は本当にあるの??」・・と疑心難儀に為られる向きは、
桂恋村役場までカモメール またはでお問い合わせいただきたい。
直ちに桂恋かもめが現地までご案内、その穴を覗いていただく。
穴を覗くだけ!! or 穴に入り込む!!
もちろん・・それは各々のご自由にお任せしているのだが

033_20140525072334aec.jpg

シマフクロウ・・・「コタンコロカムイ
タンチョウ  ・・・「サロルンカムイ
ヒグマ    ・・・「キムンカムイ

いらっしゃい・ようこそ」 
天上の世界・カムイモシリに自由に行き来できるのはカムイだけ、
そのカムイは釧路zooでお暮らし、皆さんをお待ちしている。
もちろんナビゲータはココアちゃんを始めとするアムールトラ一族なのだ。

     024_20140525072337ef5.jpg

気持ちがイイzooの季節だよ、ガオ~
タンポポの咲く居間で、お父さんトラ・リングはご挨拶

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。