スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・霧の彼方

桂恋かもめ歌 040 003_20110124213956.jpg 俺ら東京さ行ぐだ

ピッカピカの一年生は12クラスもある!!
翌日、登校したら、自分の教室が判らない??


008_20120429021528.jpg

妻は終戦の年函館で生まれ、函館ドックの近くで育った。
通った小学校はマンモス校、
休み時間は廊下も運動場も便所も、通勤電車のような過密状態
遊びは教室で、運動会は函館ドック運動場をお借りした。
函館に限らず、日本中は戦後ベビーブームの真っただ中だった。

その5年後、ここは釧路市立柏木小学校、生徒は1,059名を数えた。
そして半世紀が経った2008年4月、寂しく校門を閉じた

036_20120429021620.jpg

春採湖は周囲約4,7kmの天然湖、湖畔周回路はいつもの散策路。
雪が融け気温が上がると、水面から霧が湧きだし辺りは朧になってしまう。
その湖岸に、廃校から4年が経った柏木小学校は寂しく佇んでいた。
かって元気な歓声で賑わっていた学び舎や運動場は霧の中・・
何枚かの写真をご覧いただき、過疎化の今を見つめてみたい。

076_20120429021650.jpg

世の移り変わりは妙なものだ。
柏木小学校の廃校と前後して、300mほど先のCOOP店舗は撤退した。
COOP最寄りの店舗、弥生店はすでに撤退している。
そして廃校3年後の昨年、地元スーパー【オレンジ】が倒産した。
お買いもの空白地帯】が出現したのだ。

065_20120429021723.jpg

小中学校・廃校 → 商店の廃業 → 病院・診療所の閉鎖 → 集落衰退
もう10年ほど前から、地方の典型的な現象パターンだ。
けれど、ここには立派な市立病院がある。
少しだけ北に行けば米町、そこは全ての宗派が揃う寺町だ。
病院とお寺がセットの【お迎えコンビニ】が存在している。 
買い物さえ何とかなれば、高齢者にはありがたい地域だったのだ。

092_20120429021754.jpg

     ♪・・・はぁ
     小学校も無え スーパーも無え
     お子さんはそれほど 見かけ無え
     市立病院はある お寺もある
     坊さん毎日 ぐ~るぐる
     朝起ぎて カモメ連れで
     二時間ちょっとの 散歩道
     暑くはねえ アセもかかねえ
     霧は一年に二百日も降る
     俺らこんな村好きだ 俺らこんな村好きだ
     東京へ行がね 東京へ行がねえから
     銭こ貯めて この村で墓買うだ
・・・♪

032_20120429021908.jpg

自宅近くにスーパーが無くても、若い人は車があるから困らない。
普段は最寄りのコンビニ、週末はショッピングセンターに行くのだ。
けれど、ここには、洒落たカフェがない。
保育所も小学校もない
だから、ここに住む魅力がないから、結果として郊外に去ってしまう。

困った!! 過疎化対策は、う~ん う~ん
こんな悩みは無駄なことなのだ。
どんどん過疎になっても逆らわない

027_20120429021939.jpg

ユキワリコザクラ・ミヤマオダマキ・オオバナノエンレイソウ・
ハクサンチドリ・エゾウスユキソウ・エゾゼンテイカ・クロユリ・
オオウバユリ・エゾリンドウ・エゾトリカブト・・などたくさん

本州では、わざわざ登山して、ようやく見ることが出来る野花が、
春採湖周辺にフツーに育って、フツーに花をつけている。
だから、若い人は休日に訪れ、
せっかくの自然だから、自身で感じて、リフレッシュしていただきたい。

047_20120429022010.jpg

そうやって自然に親しんで、自然を畏敬する若いあなた 
ピカ~  男はますます逞しく、女はますますキレイ
み仏の功徳で あなたはモテモテになってしまいます



 
  













 








スポンサーサイト

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。