スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂恋かもめ・散策心得

桂恋カモメ 正しいおこない 014 【正しい春採湖畔・散策019_20110320094743.jpg

「・・何だって?? 湖畔の遊歩道を歩くだけべ・・
正しいだのへったくれだの・・そんなこと関係ないべさ!!」 


春採湖畔を散策されてる数百人の方々から、こんな声があがるだろう。
当然のことだ。
が・・皆さんは遊歩道の入口で感謝のココロをもっていますか??

釧路市公園課・釧路緑化協会・釧路市博物館・そのボランティアさん・・
当然これらの方々に感謝しているが、感謝のココロは別次元のこと、
釧路駅や役所などの市街地からそんなに離れていないのに、
これほどの自然を遺してくれたアイヌモシリへのココロなのだ。

「具体的には??」
これも当然のご質問だ。
「なまんだぶつ」のお念仏を唱えたり、お賽銭を弾むことではない
このページを最後までお読みいただきたい。
「なるほど・・これが正しい春採湖畔散策なんだ
と・・納得いただけるものと確信する。

平成23年7月28日・午前11時・気温23度・晴天・微風・湖面に霧
本日の気象条件と、何枚かの写真と共に記事を進めることにする。

098.jpg

過去の記事で述べてはいるが【春採湖】についてオサライをする。

周囲4.7km 湖面積0.4K㎡ 海跡湖
1937年、天然記念物・春採湖ヒブナ生息地として国より地域指定
水鳥・野草などの自然が豊かで、市民の憩いの場として供用される。

030_20110729052919.jpg

4月の【フキノトウ】から始まり10月の【ユウゼンギク】まで・・
300種もの多種多様な草木の花が咲く。
が・・今の季節は春の花のラッシュが終わり、特に目新しいものが無い。

開花情報に一喜一憂した春先を思い出していただきたい。
「おおっ! オオサクラソウ
「きれいだなぁ・・オオバナノエンレイソウ!!」
「こんなとこに!! 緑のニリンソウが・・・」
足もとを泥濘にとられながらも、しっかりとカメラを抱えてパチリ。
テンションの高い、充実した日々だった。

015_20110729052528.jpg

今の時期こそ葉っぱの美しさと多様性を認識するのだ。
春の花を追いかけた頃の愉しさがまた戻って来た。
何枚かの写真をご覧いただきたい。
本日の【正しいはっぱふみふみ】なのだ。

015_20110729052808.jpg

水鳥や野草に親しむ・・
健康のために歩く・・
ジョギングやトレーニング・・
暇だから時間つぶしに・・
春採湖散策の動機はさまざま、天気が良ければ遊歩道は賑わしくなる。
当然、遊歩道で色々な人とすれ違う。

055.jpg

こんにちは

相手と眼が合う瞬間、私は声をかける。
精いっぱい明るく、精いっぱい歯切れよく、精いっぱい軽く

こんにちは

相手から明るく返事が返ってくる。
実に気持ちが好い。

・・・ニラッ・・・

訳もなく無言で睨まれた。
挨拶をしてすれ違うだけ・・何も悪いことをしたわけでもないのに??
たくさんの方々とすれ違う、
10人10色・・なのだが!!
本州は猛暑、皆さんは汗だく、ご苦労をなさっている。
それなのに、桂恋村は天然のクーラーで涼しくて快適な夏なのだ。
何がご不満なのか?? お気のどくな方だ!!

053_20110729053034.jpg

「こんにちは・好いお天気ですね」

若い女性がやってきたら、一言だけ何かをを付け加える。
さりげなく、なめらかにだ
ジロジロ・・・女性を眺めたあげくの重苦しいコメントでは警戒される。
あいにく人通りが少ない状況だったら、痴漢と疑われるだろう。
現在の女性は逞しい、すれ違いざま湖に突き飛ばされるかもしれない。
ふだんからの【正しい女性との接し方】が大切なのだ。

085_20110729053305.jpg

軽~るく「こんにちは~

笑顔の挨拶が返ってきて、立ち止まってくれたら・・ニコニコニッコリだ。
「東屋の傍のオオウバユリ・・ご覧になりましたか?」
「東屋・・?・・」
大柄な白い花が満開です、もしよかったらご案内しますが??」

これだから【正しい春採湖畔散策】は止められない!!

047_20110729052957.jpg

美味いな・・やっぱりシャケはハラスに限るな!! 美味いな
散歩した後だから、お腹が空いたのよ・・

家内は単純にそう考えているが・・そうではない。
「食べ物が豊かな沼」の意【ハル・ウトゥ・トゥ】が春採湖の語源だ。
アイヌは食べ物を与えてくれる豊かな春採の自然を畏敬していた。
気持ちの好い散策は、頭の中の雑念のようなものを発散させ吹っ飛ばす。
それから、純なココロで【自然からの贈り物】をありがたくいただく。
冒頭で述べた【正しい春採湖畔散策】なのである。

090.jpg

アミダさま、ありがたい光をいただきたいんですが??」
そう簡単に言うが、太陽級の核融合は大変なんだから・・

私の催促に、み仏はこぼしていたが・・・
ピカー ビカー
わが家のささやかな食卓に、ありがた~いが降り注いだ。
















スポンサーサイト

きらくに

きめごと

プロフィール

よきちのひろ

Author:よきちのひろ
かもめさん
ゆきがやんだら
あそびましょ

コーヒーブレーク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。